超便利! ジムのマシンにスマホを磁石でくっつける

2017/07/13  ツール その他   その他
attach a smartphone with a magnet to jim's machine
特集:最強のダイエット支援アプリ Argus の使い方

スマホをジムのマシンにくっつけたいっ!

スポーツジムで、スマートフォンでワークアウトを記録する時、スマートフォンのやり場(置き場)に困ることはありませんか?

私は Argusで筋トレ内容を細かく記録するようになってからずっと、1種目終えるたびに、「ポケットからスマホを取り出す 画面のロックを解除する 記録する ポケットにしまう」という一連の動作が面倒に感じていました。

で、そんな時に誰しもが考え付きそうな解決策として、「スマホに磁石を取り付けて マシンの金属部分にくっつける」方法を試したところ、思わず「ニヤリ」とするくらい便利だったので、ご紹介したいと思います。

スマホケースに磁石を使った場合に磁石がスマホに与える影響については賛否があります。私の環境では全く問題なく使えていますが、すべての場合において問題ないことを保証するものではありません。この記事の内容を実践して、仮に何らかの損害等が生じても一切責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

単に磁石をつければ良いというわけではない

この記事のタイトルだけ見ると、単にスマホのケースに磁石を貼りつければいいんじゃないの?と思われそうですが、実はそれほど単純な話ではありません。

スマホをケースごと垂直面に磁石で固定する場合、比較的強力な磁石が必要になります。この磁石によってスマホが故障するわけではありませんが、磁石が近くにある状態でスマホのコンパスを使うと、磁力の影響で方位がずれます。

したがって、ケースに磁石をつけっぱなしにしておくと、マシンでのワークアウト中には何ら支障はなくても、屋外で地図アプリなどを使う時には支障があるというわけです。もちろん、シーンに応じてスマホのケースを付け替える人なら問題ありませんが、私は同じケースをつけっぱなしなので、この問題に対処する必要がありました。

丁度いい既製品がないのでプチ工作してみました

実は最初に既製品がないか探してみたのですが、車のダッシュボードなどに強力なマグネットの台座を取り付けて、スマホのケース側に薄い鉄板を取り付けることでスマホを固定するグッズはたくさん出回っているものの、磁石がスマホに与える影響を考慮しているためか、はたまたコストやデザイン上の問題なのか、ケース側にマグネットを取り付けるタイプは皆無でした。

ということで、現在愛用中の TiGRA Sport MountCase に オプションのベルトクリップマウントを組み合わせ、ベルトクリップに磁石を取り付けることで、ジムでのワークアウトの時だけ磁石を使えるようにすることにしました。

豊富なマウントアクセサリーに対応している iPhone7 Plus用のスマホケース。 ケース背面の凹部分をマウント側の凸部分に合わせて回転させると簡単に固定できます。RUN KIT はこのスマホケースとジョギングなどで装着するアームバンドのセットモデル。TouchID対応の防水カバー付きで雨天でも安心です。

お気に入りのスマホケースを TiGRAマウントで使えるように出来るユニバーサルアダプター。3M製の協力接着シートでタブレットも固定できちゃいます。


文字通りズボンのベルトやリュックのショルダーストラップに挟んで使う TiGRA MountCase用のマウントオプション。今回はこのクリップ部分に磁石を取り付けることで、必要な時だけスマホケースをマグネット付きのケースとして使えるようにします。

磁石は薄くて強力なネオジウム磁石を用意

磁石といえば学校で使っていた黒っぽいやつ(フェライト磁石)を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、近年では小型でも超強力な「ネオジウム磁石(またはネオジム磁石)」というのが出回っています。このネオジウム磁石は大きなものだと、「物体に貼りつく時の衝撃で骨折する」とか、「磁石どうしをつけたら二度と離れない」などと言われるぐらい強力ですが、さすがに今回使うのは、とても小さくて薄いタイプなのでそのような心配はありません。

近所のホームセンターに足を運んで見つけた丁度いいサイズのものがこちら。角型のこのサイズ(15x10x1mm)は意外と少なく、AmazonやYahoo!ショッピングでも見当たりませんでした。幸い、こちらのメーカーさんは楽天市場に出店しているので、送料は掛かりますがネットでも手に入れることは可能です。1パックで2個入りなので2パック購入しました。
この商品を楽天市場で見る

Step1. クリップに磁石を貼り付ける

TiGRAのベルトクリップ背面に、ネオジウム磁石を貼り付けていきます。今回は、細かい作業に向いている 「アロンアルフア EXTRA スティック」を使用しました。クリップ側に2~3滴垂らして、なるべくきれいに磁石を並べます。貼り付け時にアロンアルフアが手につかないように注意してください。本番に移る前に、あらかじめ磁石の向きや貼り付ける位置を確認しておくと良いです。

一枚ずつ丁寧に貼り付けます。失敗したらノミと金槌で軽く叩いてやると剥がせるので、サンドペーパーで表面をきれいにしてから貼りなおします。

磁石の裏表はS極とN極になっていますが、調べなくても、それぞれが引き合うようにして、中央を少し空けて並べればOKです。

なお、クリップの先端部分はわずかに傾斜しているので、フラットな部分に4枚が収まるようにあらかじめ位置を調整しておきましょう。

 磁石は4枚必要か?
今回使用したネオジウム磁石は、吸着力0.7kgとなっていますが、これは耐荷重を示すものではありません。実際に、ガラスフィルムを装着したiPhone 7 Plus(203g)、ケース(35g)、クリップ(17g)の 合計255g の重量を垂直面において安定して支えるには、磁石2枚では足りませんでした(実際には対象物に含まれる鉄の純度や表面の状態によって吸着力が大きく変化するようです)。次の動画はマグネット2枚の時と4枚の時の冷蔵庫への吸着力の違いを比較したものです。

マグネット2枚でも、対象物がスチール製の事務机なら問題ありませんが、私の家の冷蔵庫のドアではこのように滑り落ちてしまいます。
海外ではマグネットが仕込まれたスマホケースも売られていましたが、「滑り落ちて使い物にならない」というレビューがついていました。おそらく対象物の表面の素材を考慮して作られていない製品だったのではないかと思います。

マグネット4枚にすると、がっちりと吸着しているのがわかると思います。これなら安心して手を放すことができます。

Step2. ゴムシートでグリップ力を高める

磁石を4枚つけたし、冷蔵庫でも滑り落ちないのを確認できたので、翌日、自信満々でジムにもっていってマシンに取り付けてみると、なんと「ズルッ、ズルッ、ピタ」といった感じで思ったように吸着しませんでした。

磁石に800円ぐらいかけたし、これ以上クリップに磁石を貼り付けるスペースもないし、正直これはショックでした。はじめはマシンの材質や磁石の枚数を疑いましたが、何度かつけたり外したりを試いしているうちに、マシンの塗装にある凹凸のせいで、磁石の表面が密着していないことに気が付きました。つまり、クリップ側とマシンの接着している面積が少なすぎて、磁石の吸着力が活かしきれずに、スリップしていたのです。

実際には密着していないので滑り落ちてしまう。

この対策として、より強力な磁石(一般に厚いものほど磁力が増す)に替えることも検討しましたが、4枚の磁石を無駄にしたくなかったので、ダメもとでゴムシートを使ってクリップ全体がマシンのフレーム部分に密着するようにしてみました。

用意したのは小物などの滑り止めに使うゴムシートで、裏面が粘着シートになっているタイプ

これをハサミで切り取って、磁石とクリップの段差を埋めるように貼り付けます。

ゴムシートによってクリップ全体がマシンのフレーム部分に接着してグリップ力が飛躍的に向上します。

この対策は思いのほか絶大な効果があり、磁石表面の接着面の少なさによるグリップ力の少なさを ゴムシート部分がカバーすることで、スマホがいっさい滑ることなくマシンに貼りつくようになりました。またゴムシートの突起部分の方がわずかに磁石よりも高いので、マシンに貼り付けた時に磁石がフレームに当たらなくなり、マシンのフレームを傷つけることもありません。さらに強力磁石特有の着脱時の音もしなくなるので、とても静かです

厚さ1mmなら別の滑り止めシートでも良いと思いますが、こまかいイボイボが強力そうなイメージだったので今回はこちらを購入。ハサミで切って簡単に貼り付けられるので使いやすいです。

近所のホームセンターでは1枚税込198円でしたが、ネットだと5枚セットしかないようです。

着脱可能なオリジナルマグネットクリップが完成。あとはひたすらトレーニングするだけ!

で、完成した動画がこちら。スポーツクラブ内で撮影するわけにはいかないので、完成したマグネットクリップをTiGRA Sport MountCaseに装着するシーンです。なお、クリップを使わない時は、タオルやプロテインを入れるの手提げ袋にでも挟んで留めておくと良いです。

終わりに

いかがでしたか?
ジムでのワークアウト中にスマホのやり場に困っている方や、磁石でスマホをくっつけることに挑戦してみたけど、うまくいかなかった方は是非参考にしてみてください。便利さに「ニヤリ」とすること請け合いです。たぶん(笑)。

あと、スマホのコンパスを使うときは、8の字に回転させてキャリブレーションすれば、磁石によって一時的にズレた方位が補正されます。必要に応じて試してください。
参考:コンパスを調整する(Googleマップ公式ヘルプ)

この記事が参考になりましたら下記のボタンでシェアしていただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です